LINK

FX(外国為替証拠金取引)に関しての興味深いところはたった一つの投資の商品であるのですが、資金投下の期間を短い・普通・長いの中からどの期間を選ぶかによって、投資の手だてが異なるところにあるのです。

最初に外貨投資の「長期スタンス」に関して見てみよう。

長期投資とは一年以上の投資が原則とされているのが普通です。

為替の相場で、一年以上も先の相場が円高だろうか、円安なのかを連想するなんていうことは、一般的に難問だと思います。

通常なら「それほど後の将来のことは見当もつかない」というのが一般的だからです。

予言もできないのに頭を使って予想しようとも、それは無理なことなのです。

したがって外貨を買い、その時の価格よりも円高になったとしても、それはそのうち戻ってくるはずだというイメージで取り組むことが大切です。

為替差益を無理に上げることに限らず、他からの差益つまりはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐのをまず一つの目的にしてお金を預けてみましょう。

当然ですが、少しの間に為替変動の影響で損失が非常に大きくなってしまうことがあります。

そんな訳でこういう場合のようなマイナスが大きくなっても問題ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめにトレードするのは必要です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失が一定範囲を上回って拡大してしまうと、追い証を求められたりロスカットになってしまったりします。

ロスカットになってしまったら、取引を終わりにする必要があり、長期のトレードはダメになります。

危険を避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍ほどでトレードすることです。

第二に中期のスタンスのケースのやり取りについてです。

中期投資のケースは、長くても2ヶ月ほど先々を見越しての売り買いを行います。

為替トレードのケースでは、だいたい1ヶ月ほど後のことであればだいたい、予知しやすいでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような各国の論議であったり、為替の市場参加者がどんな事柄に関心を持っているかを聞いてみればそれなりに、予知できるでしょう。

こうした経済情勢を見つつ、グラフを確認することによって、レートの変動を把握する事ができ買いか売りかをジャッジする方がいいと思います。

基本的に経済の基礎的条件とテクニカルのどちらも良い方向でありもしくは買いが一致していればおおよそ判断した通りに行くと考えて差し支えありません。

そういった時はポジションを増やすことによってより一層多額の利益を獲得できるのはほぼ間違いないでしょう。

3つ目に短期のトレードの要点。

ここでの短期のスタンスというのはすなわちデイトレーディングを意味しています。

為替相場でデイトレーディングを行う時は経済の状態はいっさい絡んでいないと言い切れます。

なぜかというと翌日の相場の動向に経済の状態は関連がないからです。

ここで一番のミソは大規模な催しがある時、そのために為替相場が大幅に変動するタイミングを見逃さないようトレードしましょう。

たとえば米国にて雇用の統計が出される、または金融政策決定会合などで金利が動くような催しごと。

こういった絶好のチャンスに変わり目を逃してはいけないといったわけで、短期のトレードは様々なデータが欲しいところである。